児童文学本「すべては平和のために」

5月21日に絵を担当した児童文学本が出版になります!
「すべては平和のために」
作:濱野京子 絵:白井裕子
新日本出版社より 定価1800円

こちらは日本児童文学者協会創立70周年記念として出版される本で、「文学のピースウォーク」として全6巻のシリーズ本です。
解説は「DAYS JAPAN」の丸井春さんです。
5月より毎月2巻づつ、私は2巻目を担当しました。
(これを機会に作家名をYUKOから「白井裕子」へ改名しました)

表紙を広げると絵が繋がっています(^^)
表紙カバーをはじめ、中の章扉などモノクロイラストも描きました。
濱野京子さんのお話はフィクションでとても読みやすく、小学校高学年ぐらいから中高生向けですが、大人でも楽しめて、平和や戦争について考えるきっかけ作りに良い一冊です。
アマゾンでも購入できますので、ぜひお手にとって読んでいただけたら嬉しいです!

シリーズの他5冊はこちらです。
文学のピースウォークをお楽しみください。
21日発売
「少年たちの戦場」那須正幹 作/ はたこうしろう 絵
近刊
「大久野島からのバトン」今関信子 作/ ひろかわさえこ 絵
「金色の流れの中で」中村真理子 作/ 今日マチ子 絵
「幽霊少年シャン」高橋うらら 作/ 黒須高嶺 絵
「翼持つ者」みおちずる 作/ 川浦良枝 絵

fbcoverfbmono
fball