“Mysterious Journey”無事に終了しました!ありがとうございました!

6月21日〜26日にギャラリーハウスマヤさんで行われた白井裕子展”Mysterious Journey”は無事に終了しました!

お越し頂いた皆さま、気にかけてくださった皆さま、ありがとうございました!色々なことが難しいこの時世、案内等は控えめにしましたが、想像以上に沢山の方々に見て頂くことができとても嬉しかったです。

ギャラリーハウスマヤの皆さんには沢山のサポートを頂き大変感謝です。同時開催でご一緒した紙谷俊平さんにも大変お世話になりありがとうございました。

ブラッシュアップ講座でご指導頂いた、大島依堤亜さん、アルビレオさん、本当にありがとうございました。絵本を描いてみたり、場面を想像しながら描くという新しいことにもチャレンジできました。

今回も展示を終えて思うのは、やはり絵を描くのが大好きだな、という事と、生の絵を見ること見てもらうことっていいな、ということです。なかなか難しいこの頃だからこそ、在廊しながらその喜びを噛みしめました。

いつもながら、今回も描く絵のテーマは旅でした。今まで旅した国や行ってみたい国や場所、頭の中の妄想の国と合わさって、うまれる不思議な世界を描いています。

描くことは、その不思議な世界に出会う旅でもあります。まさに”Mysteriouse Journey”です。

 いつも絵が出来上がる時は、わくわくします。出来上がった絵が私を喜ばせてくれます。見た人たちもそんな気持ちになってくれてたら、とても嬉しいです。

旅はまだまだ続きます!また皆さんに絵を見てもらえる時がありますように。